私達のこと、計画・設計/特集掲載誌

知りたいことの質問相談、里に住む。将来、移り住みたいと考えはじめたら

どこがいいだろうかと、住む場所を探すために、知っておきたいこと。その地に住む人との出会いこそが、移住の道を開いてくれることがあります。安全な宅地を探すこと、ローコストの家づくり、その考え方、里を訪ね、里を知る。移り住んで、里でこそ展開したい期待や、土地と建物の予算のこと、計画と時間をかけて、ともに考える場です。

私達の「大きな森の小さなギャラリー」は、

川辺の里山で、子供が遊び育っていく居場所づくりや、 里での仕事と生活の調和(ライフ・ワーク・バランス)など、 私達のくらしの実例や写真、地域の里山や川辺の自然を実感していただける場です。ピロティのオープンスペースでは、里の自然や建築実例の写真企画展示を行っています。 家づくり相談では、建設予算に合わせた具体的な計画・ローコストな方法などへの、アドバイスや里山へのIターン・Uターン・土地探しのガイドを行っております。

  (問合せ・相談は無料です。)

    私達のプロフィール

    島 好常 YOSINOBU SIMA 

    大阪で生まれ 沖縄で育つ。

    1978年  愛知県立芸術大学大学院 修了  水彩画で名もない多くの建築物や構築物を描く、詩人 宮沢賢治をそしてヘンリー・ソローの「森の生活」を愛読。モニュメントのドロ-イングを続けたのち、造園事務所、建築事務所を経て一級建築士 1987年 一級建築事務所を開設。建築コンペで数度、受賞。 1990年 住宅建築7月号にて論文、作品発表。 季刊誌「住む。」他 建築掲載誌多数  1996年 事務所を足助の里山に移設、現在に至る。  住宅及び店・アトリエ多数を設計

     島 いずみ  IZUMI  SIMA  

    愛知県半田市乙川に生まれ育つ。

    1983年 名古屋芸術大学 卒業 大学では、絵、色彩、織物、版画、写真などを学ぶ。 写真で「時の流れ」「人の痕跡」を示し、光と影、自然を表現。一級建築事務所を経て一級建築士。1987年  一級建築事務所を共同主宰。 1990年 住宅建築7月号にて作品発表して以来、多くの住宅建築を設計。 1996年 住宅建築特集号「女性建築家の家づくり」のひとりに選ばれる。  現在に至る、3児を育てる。

    私達の仕事/特集掲載誌



    チルチンびと
    10号1999
    AUTUMN
    特別企画
    里山に暮らす。

    季刊誌 住む。
    WINTER2004
    #8
     特集
    だから、小さな家
     

    季刊誌 住む。
    AUTUMN2005
    #15
     特集 田園の小さな家
    里山につくる、集落。
     

    季刊誌 住む。
    SUMMER2006
    #18
    特別企画 週末小屋のすすめ
    緑の中に小さな小屋をつくろう

    季刊誌 住む。
    SPRING2007
    #21
    特別企画 里山に守られた
    小さな小さな家。

    季刊誌 住む。
    SUMMER2009
    #30
    特集 あえて、小さな家。
    牧草地を見下ろす林の中の家

    住まいnet信州
    AUTUMN&WINTER2009  Vol.13
    特集
    小さくて大きな家。



    住まいnet岐阜
    AUTUMN&WINTER2009  Vol.19
    特集 季節と家族に寄り添う
    小さくてゆたかな家。

    住宅建築別冊
     Vol.43
     
    特集
    女性建築家の家づくり

    住宅建築増刊
    2005
    増刊
    家づくり名人 81
    住宅建築家ベストせレクション

    新建築
    住宅特集
    jt  9908
     

    新建築
    住宅特集
    jt  9712
     
    他、

    新建築
    住宅特集
    jt  186
     

    新建築
    住宅特集
    jt  202
     

    新建築
    住宅特集
    jt  194

    ​1987年一級建築事務所開設。1996年豊田市足助の里山自然に事務所を移設、東海三県を中心に大阪、長野、北海道網走 など広く講演、設計活動を行う。 1997年「里に暮らす家」3題はその年の最高作で受賞。住宅建築2005「家づくり名人」ベストセレクション建築家81に選ばれる。設計活動、作品およびhttp「大きな森の小さなギャラリー」は、関係雑誌に多く取材掲載される。おもに季刊誌「住む。」夏18号2006, 秋14号2005,冬8号2004、住まいnet信州2009   Vol.13特集「小さくて大きな家」 「チルチンびと」季刊秋10号は代表的特集。季刊「ウッデイライフ」108号。家庭画報3月号1998。住宅建築336号と住宅建築293号及び新建築住宅特集jt186号、jt9908号に代表作。柱「日本人と住まい」1999光琳社。特集建築家の紹介/朝日新聞社「百年住める家を建てる」 1998建築文化特集/住宅年鑑JAPAN535号 他

    PAGE TOP